2018年08月26日

透明な意識の補足 (・ω・`)

ごきげん (○´ω`σ)σYO!!


「透明な意識」

少しでも感じることができたでしょうか?(・ω・)

「透明な意識」は、脳の中にありません。脳やその中の思考ですら、「透明な意識」の中にあります。
生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ何も知りません。脳を使えません。自らを産んでくれた母親を見ても、「あ、お母さんだ!」と思うこともできません。暑いや寒いを感じても、それを暑いとか寒いと思うこともできません。自らの手足を見ても、それが自分の身体だと知らないのです。だいいち、

σ(・ω・) 「オレ」

というのが、まだよくわかりません。
でも、ちゃんとこの世界を見ています。まっさらな「意識」だけで、この世界を見て感じています。

その、まっさらな「意識」の中に、快不快が作られ、言葉や記憶が作られ、それが思考へと成長していき、いつの間にか、「私」が出来上がってしまっただけのことです。
その、まっさらな「意識」、生まれたばかりの、まだ、いっさい何も知らない状態が「透明な意識」です。
言葉も記憶も感情も、この肉体ですら、すべてがこの「透明な意識」の中で作られていることが、わかりますか?
(´∀`)

「透明な意識」は、あなたがこの世界に生まれた瞬間から、ずっと在り続けてます。でも「透明な意識」の中に、記憶や知識や感情が、とーんでもなくたくさん溢れてしまっているので、あなたは「透明な意識」を忘れてしまっているのだけなのです。日常のありとあらゆることが、「この世界が存在する」ということを忘れさせてしまっているだけなのです。

ですから、まず思い出しましょう。生まれたばかりのあのときの状態を。

「今、この瞬間に、この世界に生まれた」

そう思って、この世界を感じてみましょう。「真っ白でまっさらな自分」です。まさにアダムです。あらゆるものに名前がない世界です。あらゆるもの、あらゆる感情が「?」な状態です。「?」と「!」しかない世界です。それを思い出しましょう。


さて、「透明な意識」だけのあなたは、遠くの山を見ても、それが遠くと知りません。遠い近いもまだ知らないのです。空に浮かぶ月を見ても、それが遠くにあるとは知りません。だから、触ってみようとするかもしれません。でも、触れない。

?(´・ω・`)

そのときはじめて、あなたは遠いと近いを知りはじめたのです。

その遠いと近いを知る前に、思いを馳せて戻ってみてください。できますか?
すると、この世界のすべてに「距離」がなくなってしまいます。そうなると、どうでしょう?

この世界が、ただの絵のようになりませんか?

動く絵です。写真や映像と言うと、それぞれが分離しているように感じてしまうので、ここはやっぱり「絵」という表現を使います。
そして、この「絵」はやっぱり、

「意識」の中にしかありませんよね

ただ「絵」だけがあって、そこには「私」も「他人」もありません。見えている自分の手足や胴体も、他人も町も山も、ただの一枚の「絵」の中に描かれたものにすぎません。そして、その「絵」を見ているのですが、

ただ「絵を見ている」

だけがあって、誰が見ているのかは、よくわかんない……
(´・ω・`)


そう、「見ている」しかないんですよ。誰が見てるとかがないことに気づいてください。「意識」の中に「絵」があって、それを見ているんです。あなたはまだ生まれたばかりで、「私」なんて知りません。でも、ただ「見ている」だけはある。

これが「気づき」です Σ(゚Д゚)!

これだけのことです。

「透明な意識」は「見ている」です。「透明な意識」は「聞いている」です。そして、「透明な意識」は、

「感じている」

です。

「私」がわからなくても、見て聞いて感じています。これをスピリチュアルでよく使う表現で言うと、

「気づきが気づいてる」

と、なります。さらには、

「私はいない」

「この宇宙は自らの内にある」

とかになります。

でも、これだけのことなんです。これだけのことを、「目覚め」とか「アドヴァイタ」とか「ノンデュアリティ」とか、しゃちほこばって言ってますが、

なんと! ホントにこれだけのことですから。

(´∀`)ノ

お気楽にね♪
ごきげんよう。


山形にはクラゲがいる!
IMG_3380.jpg

IMG_3379.jpg

IMG_3381.jpg

IMG_3386.jpg
クラゲドリーム館(加茂水族館)@山形県鶴岡市
posted by 笑うウリエル at 05:27| Comment(43) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする