2018年08月22日

透明な意識 (・ω・)

(=゚ω゚)ノ【ご】【き】【げ】【ん】【よ】【う】


「私」って、何で出来ているのでしょう?
ちょっと考えてみてください。
(´・ω・`)

この「肉体」で出来ていますか?

それとも、頭の中で思う「思考」ですか?

よくわかんないけど、この「命」が「私」かな?

この「私」、何で出来ています?
……(´・ω・`)



スピリチュアルでは、この「私」の本質を見抜いておかないと、グルグルと同じところを回り続けます。グルグルと輪廻するように設定されているのが「私」ですから。
(´∀`)
「私」は『真実』を追い求め、いろんな知識や体験を集めます。あなたもたぶん、そうしてきたでしょ?
だけど、いくら知識や体験を集めても、『真実』は見えてきそうで見えてきません。グルグルと同じところを回っているような感じが続いています。そりゃそうです。「私」を脱却しないと『真実』は見えないわけですから、「私」に任せていては、『真実』に気づくわけないってことです。

では、この「私」、これ一体、何?
まず、そこをちゃんと理解しておきましょう。

この「私」は、

ただの知識と体験の寄せ集めです

言い換えると、

記憶の寄せ集め

です。

(´∀`)ノ



真っ白な大きな布を用意して、それを壁に貼り付けましょう。
そして映写機で白い布に映像を映します。「ジョーズ」でも「風の谷のナウシカ」でも、なんでもいいので映画を見ます。
だいたい映画って2時間くらいですよね。映画を見終わると、あなたは「映画を見た」と思います。実はそれが、ちょっとしたカンチガイのモトなわけです。実際、あなたが2時間もの間、じっと見つめていたものは、ただの

大きな白い布(・ω・)

でしょ?(笑)
だって、実際には、そこにサメも王蟲もいなかったですもんね。それが『真実』です。


そう、「私」というのは、この映写機の中に入っていたフィルムのようなもです。知識と体験のフィルムです。
では、このフィルムを抜き取ってみましょうか。そう、抜き取ることができるんすよ。知識と体験を捨て去ってしまえばよいのです。ぜーんぶ忘れちゃえばいいのです。
あ、本当にぜんぶ忘れて、記憶喪失になる必要はありません。そうなったと思ってください。「思考」も使いようです。
(´∀`)

すると残るのは肉体ですか? ちがいますよね。

「意識」ですよね (`・ω・´)


「意識」の中に、世界が広がってますよね。「意識」の中に肉体があるってのがわかりますか?
まっさらな「透明の意識」があります。まるで映像が映っていた「大きな白い布」です。それだけはどうやっても取り除くことができません。ただ「在る」としかいいようのないものです。そうなんです。「透明な意識」だけになっても、あなたは存在できるんですよ。

これが「在る」ですよー

「本当の自分」ですよー

「私」は「本当の自分」を探し求めて、スピリチュアルの教えを追い求めて走り回っていたのですが、見つかるわけないです。映画の中の世界に、大きな白い布を探していたようなもんです。でも、ずっと見ていたんですよね(笑)

「意識」の中に、肉体を感じることができます。
「意識」の中に、感情が湧きおこります。
「意識」の中に、思考が動いています。

言われてみれば、簡単なことなんですが、まだよくわかんない?

怖くなっちゃう人もいると思います。そこは、エイヤーで「私」を脱ぎ捨ててください。脱ぎ捨てても、あなたは存在できるので、なーんも心配いりません。知識も体験も消えてなくなりません。ちゃんと必要なときに取り出して、使うことができますから。

瞑想も修行もヨガも、しなくてわかると思うんですよ。ただ、これだけのことって感じです。
「苦しみ」を消そうとする前に、まず、このことを発見してください。すっごく簡単なことです。スピリチャルの教えを追う前に、まず。


この「透明な意識」が「本当の自分」です。そして「透明な意識」には、あらゆる知識も体験もありません。つまり、

なーんにも知りません (。A 。)アヒャ

今まで慣れ親しんだ「私」からみたら、おっそろしくアホです。無知です。だから「私」は「本当の自分」でいることは危険極まりないと思っているのです。
でも、それがカンチガイ。この生きている二元の世界では、相反する両極は「同じ」

ってことは……?

おっそろしくアホ=究極の叡智 (`・ω・´)

なのです。


大抵の人は、なーんも知らない「透明な意識」、「本当の自分」に、一瞬はいることができても、なかなか居続けることができません。
その時間を長くして行き、やがて「私」に戻れなくするのが、この「笑ウリ部」です。おっそろしくアホなままになるブログ。
(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ

だから、おっそろしくアホで無知な「透明な意識」に、まず気づかないといけませんね。
わかんない人は、どんどん質問してくださいね。

ごきげんよう。

山形にはトトロがいる!
totoro1.jpg
@山形県米沢市

totoro2.jpg
@山形県鮭川村


ついでに、鳥もつラーメン
IMG_3024.jpg
@山形県新庄市『急行食堂』

posted by 笑うウリエル at 07:46| Comment(56) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする