2018年07月07日

決定事項(`・ω・´)

ごきげんよォオー!!(゚д゚屮)屮

ひどい雨です。今日はもうお店を閉めて、早々に帰宅しました。自然には抗えません。


さて、人は本当の「自分」に目覚めたとき必ずこうなるという、「決定事項」があります。
このことには抗えません。逆に言ううと、この決定事項に抗っているから、本当の「自分」に目覚めることができないのですが。

んで、その決定事項というのは何かと言うと、

すべての人を、あまねく愛する

ということです。完全にです。

なぜなら本当の「自分」が『愛』で、『愛』が本当の「自分」だからです。だから、この世界に愛せない人がいるのなら、それはまだ目覚めていないと言えます。そして、人だけではありません。すべての生き物、そしてモノまで、あなたはあまねく愛します。起こることも愛します。決定事項です。
(`-ω-´)

まあ、本当の「自分」が『愛』で、その顕われがこの世界なのですから、当たり前っちゃぁ当たり前です。
軽蔑していた者も、許せない者も、またはいかなる罪人も、昨日、死刑を処されたような者たちも、深く愛していることに気づきます。だって「自分」の顕われですから。その者たちも「自分」なのです。
でも、それは「私」にとっては、とてつもない恐怖です。だから「私」は、本当は悟りたくないのです。この決定事項に目を背ける任務を与えられたのが「私」です。


すべての人を、あまねく愛する

と、言っても、それは清らかで神聖な聖人のようになることではありません。なる必要もありません。
ただ、ずっとあり続けていた『愛』に気づくだけです。この世界と親密につながっているという感覚を思い出すだけです。
嫌いな人も許せない人もいてもかまいません。ただ、そういう人たちも愛していることに気づくだけです。ウリエルはそういう人たちも、なんだか自分の分身のように感じます。とても親密です。そういう人たちの中に「自分」を、『愛』を見つけます。

「そんなのたまらん。勘弁してくれ!」

と抗うのは、「私」です。
(´∀`)

この他者の中にある『愛』に気づいたら、あとは放って置くだけで、人間関係で困ることはありません。適切なときに人が現れ、適切なときに人が去るだけです。それだけではありません。人生の不安がどんどん消えていくし、なんか知らんけど、だいたいうまく行くのです。不思議ですが。


あなたにもし、

「そんなのたまらん。勘弁してくれ!」

が、あったら、それをじっくり感じてください。なんで「たまらん」のか、よーく洞察しながら。
じっくり感じたら、やがて「私」はその任務から解放されるでしょう。あなたが「違う」と感じていた他者は、まったくもって「私」であり、「自分」だったのです。そのことに気づきます。
するともう、「あいつが悪い」とか「あいつよりはマシ」とか、比較判断のしようがありません。自分を自分と比べるなんてできないのですから。


すべての人を、あまねく愛する

これはもう決定事項です。これなしでの目覚めは不可能です。

ごっきげんよっ!


IMG_1174.jpg
さば。丸焼き@福井県小浜市


IMG_2112.jpg
とり。丸焼き@名古屋市大須商店街

IMG_E2111.jpg
バラバラになって出てきた。
posted by 笑うウリエル at 14:15| Comment(40) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする