2018年07月25日

ウリエルがどんな質問にも答えます(`・ω・´)

ごきげんよう。(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

あまりにも暑い、というか、もう熱い。
たこ焼きもこう暑いと売れません。
(´・ω・`)
ということで、お店をもう休みにすることにしました。常に熱中症と隣り合わせ、命がけで儲からないことするなんて、落ち着いて考えてみたらアホです。
(`-ω-´)

んで、お店を休みにして、涼しそうなところに行きます。旅します。このウリエルの「表現したいこと」にまかせます。
ちと長旅になりそうなので、このブログもしばらく更新できません。でも、できるかもしれません(笑)
何が起こるかわからない。そういうわけで、

ウリエルがどんな質問にも答えます(`・ω・´)

の、コーナーにします。
スピリチュアルの質問から、人生相談、なんでもござれ。初めての方でもあつかましく割り込んできてくだされ。
ウリエルが旅しながら、あなたの質問や悩みをハートでたっぷり感じます。

あ、グチとか単なるひとりごとでもけっこう。まあ、

大いなる雑談大会(´∀`)

ですね。


「表現したいこと」は、難しく考えてもわかりません。
この世界の好きにさせておけば、自然にわかってきます。この世界とは、あなたの思考と肉体を含めた世界ですよ。「私」はあなたに与えられた物語を忠実に体現しているので、それを見るだけでよいのです。
欲望や恐怖が湧いてきてもいいじゃないですか。何を手に入れようと、何を失おうと、本当の「自分」は、ただそれを見るだけなのです。「私」とともに泣き、ともに笑うだけなのです。

それから「表現したいこと」は、人生の根底を流れるような大きなものから、一見、どうでもいいような些細なことまであります。
いまこの瞬間、あなたの思考と肉体を含めたこの世界の好きにさせてみてください。いますぐに。
もしかしたら、あなたは理由なく部屋に寝転ぶかもしれないし、なぜかわからないけど「ちょっと出かけよう」と思うかもしれない。そんな小さなことも「表現したいこと」
その小さな表現にまかせてみてくださいな。寝転ぼうと思ったら寝転んで、出かけようと思ったら出かけるんです。

「お金が欲しい!」
とか、
「こんなの許せん!」
とか、いかにも「私」のエゴっぽい思考が湧いてきてもいいんですよ。無理に消さないで、それをよく見たらいいんです。そんな感情も、ただ現れて消えていくだけです。ほんとにただそれだけのこと。そんなことしているうちに、いろいろわかってきますよ。


この世界の好きにさせておく

それだけのことです。それが『ありのまま』(´∀`)

ごきげんよー。


んでもって、いってきまーす♪


IMG_2650.jpg
吉田川の新橋
郡上八幡の子供たちはこの橋の欄干から、川に飛び込みます。

sinnbasi.jpg
高さは12メートルほど。

saida.jpg
@岐阜県郡上市
posted by 笑うウリエル at 06:27| Comment(65) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

「表現したいこと」( ゚∀゚)ノ

ゴキゲンヨ──(-ω-)(-ω-)(-ω-)──ン

とんでもない暑さです。もう何もしないほうがいいような気がします。人間以外の生き物たちも日かげで休んでいたり、活動を控えていますね。私たちも極力、何もしないでいましょう。


さて、前の記事のコメント欄にもちょっと書きましたが、本当の「自分」には、この人生を通して、

「この世界に表現したいこと」

が、あります。

「この世界に表現したいこと」は、この世界での「私」の役割とも言えるし、「私」に与えらえた使命とも言えます。
こう書くと、世の中の役に立つことを何かしたり、誰かのために何かするようなイメージを抱いてしまいますが、

そんなことではありません( ´Д`)

あなたの「この世界に表現したいこと」は、誰のためにするものでもないし、世の中にはなんの役にも立ちません。結果的に誰かのためになったり、世の中の役に立つこともあるかもしれませんが、基本的に他者の評価や感謝などとは、一切関係のないものです。さらに、あなたはそれをするとき、良いこととも悪いこととも考えることはありません。

あなたの「この世界に表現したいこと」は、「私」にはなぜそれをするのか、まったく理由がわかりません。ただそれがしたいのです。それをするために人生が、そしてこの世界が展開しているわけですが、このことに気づかないと、人生がちっともうまく行っていないように感じるでしょう。
でも「この世界に表現したいこと」に気づいて、それに沿うように生きてみると、今までの人生があまりにも完璧に進んでいたことに驚かされます。

そして、

「この世界に表現したいこと」

は、

「人生を通して、感じたいこと」

でもあります。

ですので、「表現したいこと」と、「感じたいこと」・「体験したいこと」がいっしょになっています。ひとつになってます。
あなたは自分で表現して感じるという、ひとりお芝居のようなことをして、とても喜んでいるのです。ハートから溢れる『愛』の中で、ひとりダンスをする感覚に包まれます。


「私」が良いことと考えて行動するときと、「表現したい」から行動するときと、一見まったく同じ時があります。
でも前者は必ず「苦しみ」となります。なぜかわかりますか? そう、分離から行動しているからです。
しかし、後者には「苦しみ」など起きようがありません。深いところの「大丈夫」という感覚から行動していて、実際に大丈夫なのです。「私」にはちっとも大丈夫とは思えなくても、大丈夫なのです(笑)


「この世界に表現したいこと」は、あなたを通して表現され続けています。それは何かの行動のときもありますが、なにも行動しないでじっとしているときもあります。
「どっちが正しいの?」
と、「私」は知りたがりますが、「私」にはそれはわかりません。知ることができないのです。「私」にできることは、ただ『ありのまま』でいることだけです。


あなたのハートに耳を傾けて、それを感じてください。
そして、その衝動のまま行動し、静止するときは静止するだけです。それに理由はありません。
「この世界に表現したいこと」、それを感じ体験するために「私」が存在しているのです。
すべてが完璧に動いています。「私」はただそれに驚いて立ち尽くし、流されるだけしかないのです。

ごきげんよう。

ukai1.jpg
長良川の「鵜飼い」(´∀`)

ukai2.jpg

ukai3.jpg
@岐阜県岐阜市
posted by 笑うウリエル at 00:36| Comment(30) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

「なんでやねん?」(。´・ω・)ん?

〜ミノ´∀`彡ノ===========☆((( ゴキゲンヨ!!


すべての人を、あまねく愛する

このことは、私たちの本質です。さらに人だけでなく、この世界のすべてを愛しています。本当の「自分」は、

すべてをあまねく愛しているのです

だから、この世界のいかなるものも変えようとはしません。もう、すべてを愛しているのですから、変える必要がないんです。それから、


誰のことも批判しません。

何もコントロールしようともしません。

この世界のすべての存在に、自由を与えています。

すべての存在が自由であることを、とても大切にしています。


これが本当の「自分」なのです。あなたなのです。すべてがそのままで、なーんもしなくて、とてもシアワセなのです。


でも、私たちはこんな「自分」に、がんばって努力して「なる」のではありません。
ならなくても、もうすでにそうなのです。最初からずっとそうなのです。だから、そんな「自分」を、
「見つける」だけなのです。内側に見つけるだけです。


だから、ある事やある人に、不快な感情が起こったときや、批判したくなったり、自分の考えを押し通そうとしたくなるとき、または『いま』を変えたい、コントロールしたいと思うとき、

「なんでやねん?」

と、まず問うてください。そして、静かに立ち止まってじっとしてください。本当はあまねく愛しているはずなのに、すべての存在が自由であることがシアワセなはずなのに、そうでない状況が起こっているのですから。

「本当に私は怒っているのか?」
「本当に私は恐れているのか?」
「本当に私はそれを欲しがっているのか?」
「本当にそれは当たり前か?」
「本当にそれはシアワセか?」

「なんでやねん?」

問い続けて、内から湧いてくる感情を感じてください。じっと立ち止まって感じてください。


すべてをあまねく愛している「自分」、この「自分」は、あなたに見つけられるのを待っています。
そのメッセージは、とても微細で、思考ではとても考えつかないものでしょう。
そんな小さな声を聞き漏らさないように、静かにじっとしてください。感情や思考に自由を与えて感じてください。その中で小さな声をキャッチできるのを待ってみてください。静かにじっと。
やがて、これが核心だというものを、直感的に「わかる」ことができます。それが『智慧』です。

あわてないでくださいね。答えを急いで出さないように、じっと立ち止まってくださいね。「わかる」は少しずつ現れますから。


あなたはすでに、

すべてをあまねく愛しているのです。

今までも、今も、これからも。

そんな「自分」を、発見するだけなのです。

ごきげんよう。

IMG_2151.jpg
浜名湖・弁天島@静岡県浜松市


posted by 笑うウリエル at 23:09| Comment(37) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする