2018年06月21日

「招き」щ(゚Д゚щ)

ごきげんよう。(屮゜Д゜)屮カモーン


この世界は、すべて「自分」です。この『いま』は、まるまる「自分」の表現です。
だから、この『いま』を余すことなく、まるっと全部、体験してください。

個人としての「私」、肉体を持つ「私」も、「自分」が表現する『いま』の、ひとつのパーツにすぎません。
「私」は、この表現している世界を体験するための道具です。「自分」は「私」を通して「自分」、つまり、この『いま』を体験し感じているのです。
だから、

『いま』を丸ごと見て感じてください。


『いま』には、不安や怒りや不快なものも存在します。でも、それも存在していいから『いま』に存在しているのです。そういうネガティブなものも体験したいのです。ネガティブなものを取り除くのがスピリチュアルではありません。『いま』には取り除いたり、迂回してよいものは、

いっさい含まれておりません(`・ω・´)

例えば「仕事を失う不安」が『いま』にあったとしましょう。そのときは、

「ああ、『私』には仕事がなくなると不安になるというプログラムがされているんだ!」

と、驚けばいいのです。そして「これはなんだろう?」と、まるで無邪気な子供のように、その不安と親密になるように興味を持って見て感じればよいのです。
道端で見たことがない美しい花が咲いていたら、「これはなんだろう?」と、その花を見たり、香りを感じてみたり、手に触ったりするように。
不安も見知らぬ花も、なんにも違いはありません。『いま』に存在する、あなたの表現するものなのです。同じように無邪気に感じればよいのです。

『いま』には、不快な人間関係も存在します。でも、もちろん、それも存在していいから『いま』に存在しているのです。
( ・∀・)ノ

「ああ、『私』にはこういう人に怒りを感じるというプログラムがなされているのね!」

と、好奇心旺盛に迎え入れればよいのです。そして、その怒りを無邪気に感じればよいのです。
あなたに浴びせられる不快な言葉や態度も、窓から見える小鳥のさえずりや動作も、なんにも変わらないのです。そのときの怒りの感情も、かわいいなと感じる感情も、なんにも変わらないのです。腹が立つヤツも愛らしい小鳥も、あなた自身の表現なのです。「私」という表現を通して体験したい表現なのです。


『いま』を丸ごと体験すると、不思議なことが起こります。化学反応? みたいなことが起こるんですよ。
「錬金術」って言っている人もいます。あなたは、そのとき、

もっとビックリするんですよ!(´∀`)

それを想像することはできません。あなたはたまらなく『いま』に感動し、『いま』がステキに見えるでしょう。
そのために、ちょっとネガティブなものも織り交ぜてみただけなのです。そのほうがよりステキに感じるからです。
だから、ネガティブなことは、ステキな『いま』を体験するための、

「招き」(屮゜Д゜)屮カモーン

のようなものです。

それを体験すれば、『いま』がもっとステキに輝くのです。そして、

『いま』ともっと親密になるんですよ(´∀`)


美しさは『いま』にしか実在しないのです。

ごきげんよう。



IMG_2416.jpg
再来年の大河ドラマは「明智光秀」とのこで、桔梗を。

IMG_2422.jpg
咲いてる場所も、福知山城です(´∀`)


IMG_2407.jpg
オマケ。この花、なに? @京都府福知山市

posted by 笑うウリエル at 20:09| Comment(34) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする