2018年05月13日

「私」(´・ω・`)

ごきげんよーーー=≡Σ( ε|) 0

今からずーっと前、あなたの肉体がまだ幼いころ、あなたはこの世界とひとつでした。
すべてが自分。肉体の外側もあなただったんですよ。
あなたは毎日が新鮮で輝いていました。何もかもが素晴らしい。
あなたは思いっきり走りたくなりました。だから、ただ走りました。そのとき……!

こけました (゚Д゚)!

「痛いっ!」
そう思いました。完璧だった肉体の一部がすりむけて、そこから真っ赤なものが流れ出ました。
「こわいっ!」
続けて、そうも思いました。
あんなに輝いて素晴らしかった世界が、一瞬にして、恐ろしい世界になりました。あなたはこの瞬間、この世界の被害者になりました。それと同時に、この瞬間、

分離しました(´・ω・`)

この恐ろしい世界とその被害者に分離しました。ひとつだった世界が、「私」と「世界」に分離してしまったのです。


また、あるとき、あなたはクレヨンというもの手に取りました。
それはいろんな色があって、どれもとてもキレイでした。この素晴らしい世界に、このキレイな色とりどりのクレヨン。あなたと世界はひとつでした。
あなたはそのクレヨンでこの世界をもっと面白くしたい衝動にかられました。クレヨンでこの世界にいろんな色をつけると、もっとステキな自分になると思いました。そして、目の前にある壁に、衝動のままいろんな絵をかきました。その次の瞬間!

「なんてことするの!!!」

という、罵声が飛んできました。振り向くといつも穏やかなお母さんが、とても恐ろしい顔でにらんでいます。

「こわいっ!」
そう思いました。それから、あなたの手からクレヨンがむしりとられるように奪われました。
「ああっ! どうしてっ!?」
キラキラしていた世界が、一瞬にして重くて恐ろしい世界に変わりました。あなたは被害者になりました。この世界、お母さん、そして「私」と、バラバラに、

分離しました(´・ω・`)

あなたは、残念ながら、
「お母さん、ステキでしょ? ぼくはこの世界をもっと豊かにしたくてこんなことしたんだ。素晴らしい絵でしょ? お母さんが怒るの無理ないけど、ぼくはこれを表現できたから満足だよ! どんな罰でも受けるよ! それだってステキな体験のひとつだよ!」
てなことを言う、気色の悪い子供ではありませんでした。まだ未熟すぎたのです。仕方のないことです。あなたはこの恐ろしい世界と、被害者にまたまた分離してしまったのです。


そんな体験を何度となくしているうちに、だんだん分離しているほうの時間が長くなってしまいました。
あなたはいつしか、

「この世界」の中にいる、ちっぽけな「私」

だと思うようになりました。
ちっぽけな「私」から見ると、「この世界」は常に恐ろしいところに見えます。油断していると被害者の体験をする場所になってしまいました。
あなたは被害者にならないように、いろいろ工夫するようになりました。親の言うことを聞いていれば、被害者になることは減りました。そのためにはハートからあふれる情熱や好奇心を抑える必要がありました。
また、あらかじめ被害者になることを予想して、それを回避する方法なども知るようになりました。
例えば、勉強してよい学校に行けば、よい職につき安定した暮らしができる。「貧困」というこの世界の被害者にならずにすみそうだ、とか、
こういうことを他者にしたり、しなかったりしたら、他者から嫌われることがない。「いじめ」とか「仲間外れ」というこの世界の被害者にならななくてすむ、とか。
その他いろいろ、ホントにいろいろいろいろ、被害者にならないように予防線をはるようになったのです。その予防線を張りめぐらしまくった状態が、今の

「私」(´・ω・`)


です。

そうなんです「私」って、ただの「こわいっ!」にグルグル巻きついた予防線の集合体なんです。ちょっとした「こわいっ!」で起こったカンチガイから始まって、二度と「こわいっ!」の被害者にならないようにしようとした防御柵の集合体なんです。「こわいっ!」もステキな体験だと受け入れることができたのならよかったのですが、幼いあなたには到底ムリでした。
そして、予防線や防御柵を張りめぐらしすぎて、本来の「世界が自分」に戻れなくなって行ってしまったのです。


戻れないから防御しきれないときは、新たに防御柵を増築していきます。でもいくら増築しても防御しきれません。そのうち何が何だかわからくなってしまいました。それが、今の

「私」(´・ω・`)

です。


本当は転んですりむいて血が出たときも、世界は微笑んでいたのです。お母さんがオニの形相になったときも、世界とあなたはひとつだったのです。ちょっとしたミステイクだったんですよ。どこにも被害者なんていなかったんです。

「この世界」の被害者と思い込んでるのが「私」です。油断したり好き勝手すると、たちまち「この世界」の被害者になると、あなたは思い込んでいるのです。
いままでは、「エゴ」とか「自我」という言葉も使っていましたが、思う所あって、近頃ではぜんぶ、

「私」(´・ω・`)

という表現にしています。「私」を「自己イメージ」とも言うこともあるかと思います。
そして、「本当の私」とか「自己イメージでない私」は、「自分」という表現にしようと思います。

・あなたは自分のことを「私」と思い込んでるだけ

と、まあ、こんな使い方になります。ややこしいかな?



「私」は常に被害者なんです。「この世界」の被害者で、被害者意識のカタマリです。
でも本当は被害者になっていいし、もっと言うと被害者になんかなりようがないんです。

もう少し具体的に、次回、説明しますね。

今宵はこれまでで。

ごきげんよう。

IMG_2806.jpg
ぴーかんの空に、真っ赤な橋が鮮やかだったので♪
愛知川橋梁@滋賀県東近江市

IMG_2813.jpg
東近江市からもう一枚
「能登川水車」


posted by 笑うウリエル at 22:48| Comment(62) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

「身代わり」

(o´ノωノ`o)ごきげん…ヽ(o´・∀・`o)ノよぉ♪

またまた、私ウリエルの内側に変化が起きました。
ちょこっとなのか、大きな変化なのかまだわかりません。
そんなわけで、このブログのテイストにも変化があるかもしれません。というか、変化させましょう。


「あなたの前に現れている他者はすべて自分です」
てなことを、スピリチュアルでは必ず言います。他者は自分が鏡に映っているんだと。

これ、わかる人にはわかるんでしょうが、たいていの人は、
「そうは言ってもなぁ〜……」
と、うーん…… と、首をかしげてしまうことが多いですよね?
確かにそうなんですけどね。でも、許せない人は許せないし、嫌いな人は嫌い。
ですよね?(´∀`)

ある日、ハタと許せない人嫌いな人と、自分がまったく「同じ」だったと気づいて愕然とする。そのとき「私」の中で何かが壊れ、すべてを包み込むような『愛』が溢れてくる。
こんな体験が次から次にできて、どんどん嫌いな人を愛さずにはおれないようになる人は稀です。ほとんどの人は許せない人は、どうやっても許せないし、嫌いな人は嫌いなまま。
さらに困ったことに、そういう嫌悪感を抱いてしまう人って、身内にいるんですよね(笑)
赤の他人なら、縁を切って合わなければいいのですが、身内にいるので簡単に縁を切れません。さらに長い間ずっとそばにいて、ともに生活しているので、嫌悪感を感じながらも好きな部分、愛している部分もあったり、感謝しているところもあったりしてややこしい。


ズバリ言います。
あなたの「愛と感謝の中に嫌悪感も抱かせるややこしいヤツ」って、

「親」

じゃないですか?(゚∀゚)


「配偶者」もそうだって人もいますよね(´∀`)
「配偶者」ならまだ書類ひとつで縁切りできますが、でも「親」となるとそうは行きません。


スピリチュアルに真剣に取り組んでいる人ほど、この「愛と感謝の中に嫌悪感も抱かせるややこしいヤツ」に頭を悩ませたりします。
「ああ、どうして心から愛せないのだろう? この嫌悪感は、自分の内にある何が原因なんだろう?」
とね。

いや、いいんスよ。

嫌悪感あっても!(゚∀゚)

それが『ありのまま』なのですから(´∀`)


この世界に現れている他者はすべて自分です。親といっても他者です。
そんなとても近いところにいる、自分のことをよく知っている他者であるからこそ、

あなたの「身代わり」

になっているのですよ。あなたの代わりに苦しんでくれているのです。

「あなたも私と似た部分を持ってる。だって親子だから。これにとらわれると、人に嫌われるのよ」

と、言ってくれているのですよ。
あなたにはわかりますよね。わかるはずです。「愛と感謝の中に嫌悪感も抱かせるややこしいヤツ」が、何にとらわれて、本当はそれが苦しみになっていることを。

「こんな『こだわり』を持つと、こんな苦しい目に合うのよ」

「あなたに嫌われるように、人に嫌われるの。だから、気をつけなさい」

「ホントは惨めでしょ、バカでしょ。あなたはそうはならないで」

そう言って、体現して見せてくれているのです。実際に「身代わり」になって見せてくれているのです。だって、

「親」ですから


「親」だから、常に気を付けるように、あなたにメッセージを送っているのです。もし、そのメッセージがなかったら、あなたは今、親と同じことをして、苦しみの中で悶えていたかもしれません。
だから「親」に嫌悪感があるのは、いたって自然なことなんじゃないのかな。なかったらなかったでいいんですけどね。素晴らしいです。
(´∀`)



あなたが嫌悪感を抱く存在、それはあなたの

「身代わり」

です。あなたに代わって苦しんで、それを見せてくれているのです。本当はそれが苦しみであることが、あなたにはちゃんとわかります。そして、その苦しみの種が、あなたの中にもあることを教えてくれています。その種が芽を出さないように、身代わりになってくれています。
あなたの「苦しみの種」をぜんぶ

預かってくれているのです

すると…… 胸の奥で、何かが動きませんか?

そう、この世界は「すべて私」です。

嫌悪感も『愛』なのです。

ごきげんよう。

IMG_2791.jpg
信楽に行ってみる。
タヌキタヌキタヌキ!

IMG_2792.jpg
うどん屋もタヌキ。

IMG_2793.jpg
赤ちゃんタヌキ@滋賀県甲賀市
ちなみに信楽はタヌキの町ではありません。
「信楽焼」という、ちゃんとした焼き物の町です(笑)

posted by 笑うウリエル at 07:28| Comment(85) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

「旅人」

゚.+:。ヽ(・ω・)ゞ゚.+:。ハーイ、ごきげんよう

ゴールデンウイークのど真ん中、みなさんいかがおすごしでしょう?
旅行中の方もおられるのかな。

私ウリエルの趣味は旅ですので、いろんなところにでかけます。
いろんなところに目的なしで行ってみます。実はね、この「目的なし」っての。これが最大のキモなんですわコレが。


いままで、いろんなところでいろんな旅人と出会ってきました。この「旅人」って人種は、いわゆる旅行者、観光者とちがって、計画や目的を持たずに各地を旅しているヤツらです。今夜どこで寝るかわからないし、どこで何を食べて何を見るのかわからない。まあ、ちょっとした変人の部類です(笑)
そういう変人的な旅をしていない人から見ると、何が楽しいのかサッパリわかりません。でも、これがすっごく楽しいのですよ。
(´∀`)

旅と言えば名所に行ったり、温泉やグルメを楽しむもんだと思っている人から見ると、何が楽しいのかサッパリわかりません。でも旅人に言わせれば、それは「旅行」で「旅」じゃないんだと、「まあ、旅の一種ではあるね」とか、みな言います。無限にひろがる「旅」のスタイルの中の、ひとつのスタイルにすぎないとね。
また、そういう「旅」をしているヤツらを、「自分さがしをしている人」だとか、はてまた「新天地をさがしている人」というふうにとらえる人もいますが、いやいやそんなこともないんですよ。彼らは「自分さがし」も「新天地さがし」もしてません。そんな目的なんていらないんです。目的を持ってしまうと、とたんに旅が楽しくなくなることを彼らは知っています。
彼らはあるとき突然に、

「旅にいきてーーー!!!」

という衝動にかられて、家や会社を飛び出しただけなんです。ただ「旅」をしたかっただけなのです。


荷物が着替えのパンツ2枚だけという高校生もいました(笑) ママチャリで福岡から鹿児島まで来てました。
新潟と群馬の県境の道路で、ママチャリと寝ていた学生クンは、持っている地図が社会の授業で使う地図帳でした。なんで日本一周にアメリカやアフリカが載っている地図を持って行こうと思ったんだろう? 肝心の日本、超おおざっぱだし(笑)
しかも彼は教員採用試験の前日に、いきなり旅に出発してしまったらしいです(笑)
自殺しようと思って富士山の樹海に行く途中、
「どうせ死ぬんだから、まず行方不明になるのもありか……」
という気分になって、その足で沖縄まで行き、それから北海道に行き、それ以来、沖縄と北海道をえんえん往復している人もいた。その人、
「旅って、楽しいなーーーっ」
って、言ってた。いつ死ぬんだよ(笑)


旅人は「旅」をやってみて気づいています。
道に迷ったり、山奥でパンクしたり、雨に降られてズブ濡れになったり、台風で足止め食らったり、期待して食べた料理がクソ不味かったりしても、

すべてが楽しいんだと


ぜんぶが非日常体験だし、ぜんぶが旅に出ないと味わえなかった体験だから。
でも、「旅」じゃなくて、計画や目的がある「旅行」だったら、すべてが「苦しみ」になります。計画はメチャクチャだし、目的も達成されません。イライラやガッカリばかりです。
だから彼らは計画や目的を持ちません。たとえそれが「自分さがし」であっても「新天地さがし」であっても、何か少しでも目的を持って旅に出ると、持ち物に目的のカケラでも入れてしまうと、

とたんに旅が「苦行」になってしまうんです


「ただ、行きたい!」

それだけが、すべての体験を最高の体験にしてくれるんです。
道に迷ったから見られた景色、足止めを食らったから出会えた人、明日は何があって、何を感じるのか

「わからない」 

「わからない」から行ってみよう。すべては偶然、でも必然なような気もする……

「ただ、行きたい!」



人生も同じです。
ほら、

「人生は旅」

って、よく言うじゃないですか。
あなたの人生、「旅行」にしてしまっていませんか? 「旅」は無限ですから、まあ、それもひとつのスタイルではありますけどね。

でも、思い出して。あなたは、

「ただ、生きたい!」

と、思って人生に出発しただけなんですよ。

ごきげんよう。

IMG_2273.jpg
うーーーー

IMG_2275.jpg
しーーーーー!
@滋賀県近江八幡市
ってことは、この子、近江牛ですね(・ω・`)
posted by 笑うウリエル at 08:19| Comment(71) | まだまだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする