2018年04月27日

「感情」・3

ごきげんよーーー ……シタタタッ ヘ(*¨)ノ

いよいよGWですね。世の中すっかり休日モード。
みんなニコニコ。おとなりの半島もなんだかニコニコ(´∀`)
いやいや、穏やかじゃないですか。ということで、記事もニコニコ、軽く書きましょう。


では……
アッタリマエですが、

幸せな人は、幸せを追い求めません

当たり前ですよね。すでに幸せなのですから(´∀`)

ということは、幸せを追い求めている人、幸せになろうとしている人は、幸せではないのです。
ひっくり返してみましょうか。幸せな人は、

幸せを追い求めてないから、幸せ

なのかもしれませんね。
あ、スピリチュアルの本とかにも必ずこういうことが書いてあります。

「ありのままのあなたでいい」

やっぱり、幸せを追い求めないから幸せ、と言えそうですね(´∀`)


「覚醒」とか「目覚め」とかって、ありのままの『いま』が、すでに幸せということに気づくことです。
「なるほど、そうなのか」
と、多くの人が、それならば「覚醒」とか「目覚め」を体験しなければと思って、スピリチュアルを始めます。
ここで、オイオイです……(´∀`)ノ

それって、思い切り幸せを追い求めてるじゃん!


そうですよね。モロに幸せを追い求めているということに気づいてください(笑)
ありのままの『いま』が幸せと知るため、すなわち幸せになるために、「覚醒」とか「目覚め」を追い求めていますよね。
この世界では、追い求めている限り手に入らないようになってます。いっとき手に入り幸せを感じることもありますが、ほぼ間違いなく不幸になります。なんてヒドイと思うかもしれませんが、それが分離から生まれる事象の結末です。

だからね、「覚醒」とか「目覚め」とか、追い求めないでください。追い求めなければ、あなたは幸せなんですよ。あなたが『いま』幸せなのだと気づくだけのことなのです。気づいたら勝手に「覚醒」します。幸せは『いま』ここ、ここ以外のどこにもありません。『いま』幸せだから、もうこれ以上、幸せにはなれないのです。


じゃあ、どうして『いま』、幸せを感じることができないのでしょう?
それはご自身に質問してください。

「どうして、幸せを感じられないの?」

って。

そのときの身体のエネルギーを感じてください。胸やお腹や背中でうごめくエネルギーを。
そのエネルギーを感じ切らない限り、外の世界をどんなに変えても、幸せにはなれません。感じて質問をし続けてください。

「これは、ホントはなんなの?」

頭にはいろんな思考が現れては消え、現れては消えをするでしょう。それにとらわれようが、放っておこうがどっちでもいいです。どうせ他愛のないおしゃべりです。ただ身体の感覚に注意の大半をむけて感じていればいいです。
最初はほとんど変化がないかもしれません。が、やっているうちに次第に何かが起こり始めますよ。
何が起こり始めるのかはわかりません。でも、恐れずに無防備にそれを受け入れてくださいね。やがてわかりますが、恐れることはなんにもないですよ。
(´∀`)

そのうち、

「あっ!」(゚∀゚)

と、彼方からメッセージが届きます。

『いま』を感じてくださいね。『いま』のすべてを体験してください。

幸せに理由なんてないんです。理由があったら幸せではないんですよ。

ごきげんよう(´∀`)ノ


tya.jpg
夏も近づく♪

IMG_2786.jpg
八十八夜♪ @京都府八束町


posted by 笑うウリエル at 22:47| Comment(20) | まだまだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

「感情」・2

(; ゚ ロ゚)ゴキ!( ; ロ゚)゚ ゲン!!( ; ロ)゚ ゚ヨー!!


みなさん、ネガティブな感情、不快なエネルギーを感じてみてくださっているでしょうか?

感じ切るとどうなるかは、誰にもわかりません。自分自身にもわかりません。その「未知」なる世界へ恐れることなく進んで行ってください。その進んで行く感覚を大事にしてください。


さて、感情にはネガティブなものだけでなく、もちろん心地よいポジティブなものもあります。
嬉しい、楽しいとか、感動で胸が熱くなるとか。
そういう心地よい感情は、わざわざ感じ切ろうとしなくても、普段から無意識に感じ切っております。排除しようとしませんから。だから、あえて感じ切ろうと意識しなくてよいわけです。
ただ、スピリチュアルの探究をする中で、とりわけ注意することがありまして。


探究をする中で何か気づきがあり、心地よい感情、エネルギーに包まれることがしばしばあります。人はそれを

「至福」

と、呼んだりします。
目に映るもがすべてキラキラ光って見えたり、強い安心感、幸福感を感じたり、身体にエクスタシーを感じたり、これがいろいろあるんです。
こういった「至福」と呼ばれるエネルギー、これは「気づき」のオマケみたいなもんで、このエネルギー自体が「気づき」とか、『真実』というわけでは

ありません(´・ω・`)

でも人は、不快なものは排除したがるいっぽう、心地のよいものは排除しないどころか、

握りしめるたがるんです。

どういうことかと言うと、
この「至福」、これこそが「悟り」!
と、決めつけたがるんです。そして、何度もそれを感じたい、感じる続けるべきと考えます。つまり、新たな

「こだわり」

を、作ってしまうんです。そして「至福依存症」になります(笑)


「これが悟り」と言えるものなどありません。それが「悟り」です。しかし、「至福」を握りしめることによって、「悟った私」、「気づいた私」という新たな自己イメージ、そして、あの人は悟ってる、あの人は悟ってないという新たな強烈な分離意識を生み出したりします。
こうなってしまうと、スピリチュアルの探究をやり出す前より分離にさいなまれますよ、ホントに。いわゆる「スピリチュアルこじらせちゃった人」です。


感情のエネルギーは現れては消えていきます。それが不快なものであれ、心地のよいものであれ、現れては消えるを繰り返すだけなんです。
それをいちいち選別して、排除しようとしたり、とどめておこうとしたりするから「苦しみ」になるのです。
現れるものは、ぜんぶありがたく感じ切り、消えて行くものは消え行くままにしておくだけなのです。

『いま』の感情のエネルギーをただ感じるだけ。

それが『ありのまま』です。


あなたの『いま』のエネルギーを感じてください。『いま』の。
淋しいだとか退屈だとかイライラだとかドキドキだとか、どんな名前をつけようが、そのエネルギーは『いま』あってよいからあるのです。
なーんのエネルギーも感じないなら、『いま』感じなくてよいからないのです。ただそれだけのことなのです。

「この感情はなんだろう? ほんとにネガティブなんだろうか?」

「この素晴らしいエネルギーは、ホントに素晴らしいのか?」

そんなふうにいろいろ問いながら感じてみてください。


最後にひとつ、

どんな感情もひとつのエネルギーです

心地よいも不快もないんですよ。
感じながら、このことに気づいてもらえると幸いです。

(´∀`)
ごきげんよ

IMG_2821.jpg
道端で満開に咲いていました。何の花でしょう?

IMG_2823.jpg
誰か知っている人いたら教えてー @京都府亀岡市


IMG_2797.jpg
オマケ。「プフーッ」って、してください(´∀`)

posted by 笑うウリエル at 22:00| Comment(52) | まだまだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

「感情」・1

ごきげん( ;´・ω・`)人(´・ω・`; )よう……

いわゆる一瞥体験のようなもので、瞬間的に、「意識」なくしては、この世界は存在しないと気づいても、すべてが「意識」という無限の空間の中にあると気づいても、

この「私」というヤツは存在し続けます (´・ω・`)

分離した状態はまだまだ続くのです。この「私」というヤツがいるかぎり、真の「自由」にはなれません。
だから『真実』に気づいてからも、まだまだ「私」を落としていく作業を続けるわけです。
反対に、「私」を落としていく作業を続けていくと、やがては『真実』を知ることになります。だから一瞥体験などなくてもいいのです。この「私」という檻から自由になることが、夢から目覚めるということなのです。

んで、この「私」というヤツ、これ実は単なるイメージなのです。あなたが「私」と思っているものなんて、ただの思考パターンとか、「こだわり」の寄せ集めに過ぎないんですよ。いろんな思考が、

「感情」

で、固定されているだけなのです。
だから「私」というイメージを解体するには、まずは固定している「感情」をゆるめて行く必要があります。そこで、

感情を感じきってください

と、ウリエルはよく言うわけです。

ひとつ注意です。感じ切るのは、ネガティブなものだけにしてくだい。不快なエネルギーですね。
悲しみ、不安、怒り、淋しさ、むなしさ、恐怖……
こういった感情を自分の内に見つけたら、なるべく増幅させるようにして、その感情を目一杯感じるのです。
頭でアレコレ考えず、ただ身体の感覚をしっかり感じてください。胸の中に何か爆発しそうなエネルギーがあるとか、後頭部がキリキリと痛むとか、みぞおちのあたりがズドンと重いとか……
人によって現れる身体の感覚はそれぞれです。自分の肉体に出てくる反応に、注意深くなってください。
ネガティブな感情の95パーセントくらいは、「私」の「こだわり」がもとになっているものです。だから、とりあえず見つけたら、どんどん感じてください。
向き合って感じ始めるだけで、何かしらの変化がでてくるものです。


なぜ、ネガティブな感情だけにしてくださいと言うのかと言うと、それらの感情は長年、抑圧し続けていたからです。
たとえば「ガッカリ」という、落胆する感情を感じても、
「ガッカリしていてはダメ。元気出さなきゃ!」
とか、もう反射的にその感情を打ち消すように、パターン化された思考があるのです。
大きな失敗をして、「シマッタ!」と、冷たい汗が噴き出すような身体の感覚を感じていても、
「いや、ぜったいに大丈夫! なんとか乗り切れるはず!」
とか、即座にその恐怖心を思考でかき消すような術を、私たちはいつのまにか身に付けてしまっているのです。
そんな思考パターンの寄せ集めが「私」なんですよね。「私」は長い間ため続けた負の感情のカタマリみたいなもんなんですよ。恐怖心の寄せ集めでもあります。
もう、そんな恐怖心を世界に放出するのはやめましょう。トラブルが次から次に生まれるだけです。


感情を感じ切って、解放することによって、あなたは変化を見つけることでしょう。
それはとても小さなことかもしれません。でも、どんなに小さなことでも、それは「私」には想像もできなかったことなのです。長年、「私」という鎧に阻まれて、今までこの世界に表現されていなかった『真実』なのです。それが鎧のスキマから、少しだけ外に出てきたのです。


この世界に、あってはならないものなど存在しません。
ネガティブな感情も、大事なこの世界の仲間です。
言うならばそれは、あなたが本当に感じたいこと、表現したいことへ導いて行く、案内人でもあるのです。
本当に大事な大事な仲間です。抑圧せず、大切に感じてください。

ごきげんよう。
IMG_2769.jpg
水芭蕉@六甲山・兵庫県神戸市
posted by 笑うウリエル at 22:50| Comment(28) | まだまだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする