2018年02月21日

パブロフの犬

ごっきげん…(´σ `) ホジホジ (´∇`) σ−−・ピン

『真実』は、いまここにあります。
『絶対的幸福』も『神様』も『愛』も、いまここにあります。だから、どこにも探しに行く必要がありません。どこかに行こうとするのは、それは間違いです。「いまここ」ですから。
ただ、いまここに抵抗しなければよいのです。
でも悲しいかな、それだけのことが、なかなかできないのです (´・ω・`)


ところで、みなさん、「パブロフの犬」って、ご存知ですよね。条件反射ってヤツです。
梅干しやレモンを見ただけで唾液が出てしまうというヤツですね。実際は食べてないのに、酸っぱいという記憶で勝手に唾液が出てきます。

この条件反射、梅干しの例えぐらいなら、「なるほど、条件反射かー」と、笑って納得できるのですが、生きていると、そうでない条件反射がたくさんありまして……
そして、この笑えない条件反射、実は大半の人が自分で気づいていないわけです。しかも、それが非常にたくさんの苦痛や悲劇を生んでいることに気づいているでしょうか?

例えば、正義の味方が悪を倒すような漫画やドラマや映画を、私たちは小さいころからたくさん見てきました。
「梅干しは酸っぱい」という体験を何度もしたら勝手に唾液がでるように、「正義は悪を倒す」を何度も見たら、どういう条件反射が芽生えてくるでしょう? ちょっと怖くなりませんか?
「平和のために闘う!」とかいう、笑えないスローガンが発生するですみません。どの戦争も大義名分は「正義」ですから。
「北」という単語を見ただけで、反射的に「倒せ!」と反応してしまう人もいるような気がします。つーか、ウチのオヤジですが……


まあ、もっと個人的に見てみましょうか。
人にお願いして何度も断られる体験をしたら、人にお願いができなくなったりします。また喜んでいるのを何度も否定されたら、人前で喜ぶことをためらったりします。「泣くな!」と何度も言われたら、悲しい気持ちを隠すようになります。
こんなのもぜーんぶ条件反射なんですよ。

条件反射は、医学的なことはウリエルにはわかりませんが、でも、だいたい言えることは、

感情があやつってますね

反射ですから、頭でアレコレ考えずに反応しちゃうんですよ。
何かを見たり何かが起こったりして、それに対してある感情が湧きます。その感情が反射的に何かをさせる感じですね。正確には感情の記憶が、同じ感情を引き出してくる感じですね。

この反射的に湧く感情を、あばいてみて欲しいのです


ここで、最初のお話に戻ります。
「いまここ」に抵抗しているもの、これは自分の深みに入っていくにつれ、感情であることがわかります。
感情が「いまここ」にまず抵抗をして「あってはならない」を呼び覚まし、それからエゴがからまった思考になって行きます。いわゆる「条件付け」、「こだわり」になって行きます。
「泣くな!」と何度も言われた体験をした人は、悲しいことがあっても、「泣くな!」と怒鳴られて怖い思いをしたときの言葉にしようのない感情が反射的に湧き上ります。その感情は不快なので、次の瞬間には無意識に悲しみそのものを押し殺してしまうのです。そうすれば不快な感情も静まりますから。それを一瞬のうちに、ひと通りやってから思考はこう言うのです。
「別に悲しくなんかない。だって、これぐらいのことで泣いていたら……」
これとよく似たことが、たくさん起こっているんじゃないかなぁ……

「いまここ」に抵抗している感情、それは条件反射的に湧いてくる感情、反射ですので一瞬しかわきません。
でも、これをちゃんと発見し、しっかり認識して欲しいのです。
感情にいろんな思考や行動があやつられています。これを見抜いて欲しいのです。
見抜いたらどうなるか? それはどうなるかわかりませんので、ここで言うことはできません。
でも、ひとつ言えることは、見抜いてないときより、

「自由」を知れると思います

あなたも私もみーんな「パブロフの犬」 どんな「パブロフの犬」だったのでしょう?

ごきげんよう。

kutuki.jpg
丸八百貨店@滋賀県高島市
posted by 笑うウリエル at 22:40| Comment(23) | まだまだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする