2017年12月31日

新年のごあいさつ

ごきげん…

ア━━━(゚ロ゚;)━━ケ!!オ━━━(゚ロ゚;)━━メ!!



あけましておめでとうございます。

おもいっきり、フライングしました(´・ω・`)


2017年は、私にとって衝撃的な一年でした。もう言葉にすることができません。

これも、みなさんのおかげなのです。私の世界に顕われてくださるみなさんは、みーんなそれぞれが、必ず私に何かを与えてくれます。
みなさんは、私を気づかせるために顕われてくれているのです。
誰一人として欠けてはならないのがわかります。あまりにもピッタリと整合しているのです。まさに「神のみわざ」としか、言いようがありません。
思わず口から、

「ありがとうございます」

という言葉がこぼれます。


2018年は、どんな人に出会い、どんな人とお話をして、何に気づかせてもらえるのでしょうか?
今から楽しみです(´∀`)
そして、みなさんの世界には、どんな人が顕われ、何を気づかせるのでしょうか?
間違いなく、みなさんの世界に顕われる人々も、誰一人として無駄がないのです。みなさんの世界にいなくてはならない、必要不可欠な登場人物なのです。
私ウリエルも、みなさんが成熟していく世界の中で、意味のあるひとりとなれることを、心より感謝いたします。


この世界は摩訶不思議です。私たちはこの摩訶不思議を思いっきり味わうために、この世界にいると思います。
今年はどんな摩訶不思議にであえるのでしょうかね? 今から楽しみです。

そして、みなさんが、たくさんの摩訶不思議に出会えるよう、心より願ってやみません。


すごいんです! 摩訶不思議なんです。この世界は!


私たちの想像なんて、考えることなんて、足もとにも及びません。

ごきげんよう。

IMG_1144.jpg
白山平泉寺@福井県勝山市
posted by 笑うウリエル at 21:12| Comment(28) | 新装開店後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

縁切り

ゴキゲンプ-!(・3・)プップクプー!

年末ですね。今年もあと少しとなって参りました。

さて、今夜は、

「エゴから自由になる、手っ取り早いやり方」

を、発見いたしましたので、みなさんに紹介しておこうと思います。
とても簡単です。そして、すぐにではありませんが、必ず大きな何かが起こると思います。あなたはその大きな何かを、驚きと歓喜で迎え入れるでしょう。


ではさっそく(´∀`)ノ
まず、

「あなたが人生で最も価値を置いているもの」

を、見つけてください。
現時点でよいので、自分が最も大事にしているものです。これがないと生きていけないと感じていたり、これを失うことは死ぬより恐ろしいと思っているものです。
「お金」の人もいるでしょう。「健康」の人もいるでしょう。または家族などの「大事な人」だという人もいるでしょう。他にも「容姿」だとか、「仕事のやりがい」とかの人もいるかもしれません。とにかく、あなたが最大の価値を置いているものです。それを、深く追求して見つけてください。

できるだけひとつにしぼってください。そして具体的にイメージできるものを見つけてください。「健康」なら、何が「健康」な状態のか、自分の抱いている基準を明確にしてください。「大事な人」なら、その人をイメージしてください。そんな感じで、人生で最も価値を置いているものはコレ、と、思い浮かべることができるまで探ってください。
時間はかかります。「お金」でも、本当に「お金」だけに価値を置いている人と、「お金」で何かしようとしている人では違います。じっくり時間をかけてください。自分自身に真っ向正直に。
実は、この部分は手っ取り早くはいかないので、少々、宣伝文句に偽りありです。ゴメンナサイ。


んでもって、手っ取り早いのは、ここからです。
年が明けたら初詣に行きますよね。そのとき、神様の前で、その見つけ出した「最も価値を置いているもの」、
ズバリ、コイツとの


「縁切り」をお願いしてください(゚Д゚)!


はい。バッサリ! 切り捨ててください。これでおしまいです。

おそらく、いざ、そうしようとしても簡単にはできません。相当の覚悟がいるはずです。躊躇なくできるものは、それ「最も価値を置いているもの」ではないということです。


本当は、あなたが「最も価値を置いているもの」と、あなたはなんの関係もないんです。縁切りしなくても、縁など最初から切れてます。それを「私のもの」と錯覚しているだけなのです。実際に、「最も価値を置いているもの」を、あなたがコントロールできないことは、あなたも薄々、気が付いていますよね?
そんな、あなたのあずかり知ることができないものを、必死にコントロールしようとしたり、手に入れようとしたり、失わないように握りしめているから、「苦しみ」になるのです。それが分離意識を強め、「私」がいるとカンチガイさせ、ワンネスに気づけなくしている最大障壁になっているのです。

それから、あなたに必要なものは、過不足なく完璧に与えらえます。反対に不必要なものは、どんなに握りしめようと、いつか必ず奪われます。ですので、思い切って「縁切り」してください。それが神の目から、あなたに必要なものならば、あなたが縁切りしようがなくなりません。


ということで、新年早々、過酷な経験になりますが、ちゃーんと「縁切り」できたなら、最高の一年になりますよ。
それは、ウリエルが保障します(゚∀゚)ノ

ごきげんよう。

IMG_1850.jpg
ウリエルらしかぬ画像を。六本木ヒルズと、

IMG_1860.jpg
東京ミッドタウン@東京都港区
posted by 笑うウリエル at 22:33| Comment(63) | 新装開店後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

導くもの

ゴキゲンヨッ!ヽ(゚∀゚)ノ dj! dj!

私たちは、毎日々々、この人生を一生懸命に生きています。
この人生を大海原に例えると、穏やかな日もあれば荒れ狂う日もあり、我々はそんな中を、必死に櫂をこぎこぎ進んでいくのであります。
また、この人生を道に例えると、幾重にも重なる上り坂に下り坂。疲れて倒れてしまうこともあるけれど、やがてまた、立ち上がって歩き出すのであります。
人は己の人生について思うとき、誰もがこんなふうに……



思ってしまいますよね?(゚∀゚)


いや…… 思ってもいいんですよ。実際、人生ってそういうもんですから。

でもね!(゚∀゚)

本当は、あなたひとりが頑張って人生を生きているわけではありません。いや、あなたも、あなた以外の全員も頑張って生きているんですよ。頑張って生きているんですけど、実は、あなた自身があなたのチカラで道を切り開いて生きてきた、

わけじゃないんです(´∀`)


そう、あなたをずっと「導いてきたもの」が存在するのです。それは何かはわかりません。「何か」としか言いようがないんです。「何か」ではよくわからないので、便宜的にウリエルは「神様」とか「創造主」と呼んできましたが、別に姿が見えるとか、気配を感じたとか、そういうことはありません。ただ「何か」がいないとおかしい、「何か」が必ずいる。そうわかるだけです。

この「何か」が、私たちの人生をずっと引っぱってきたし、これからも引っぱって行くのです。それがわかってしまえば、これほどラクチンなことはありません。「おまかせ」でよいのですから。
むしろ、もう「何か」のジャマをしないようにしたほうがよいですね。ジャマをしないようにするのは、とても簡単です。

いかなるものにも固執しない!(゚∀゚)

だけなんです。簡単じゃない、かな?……(笑)


人生という物語の中に『目覚め』はないんです。これは多くの人がカンチガイをしているのですが、人生の中には『目覚め』とか『悟り』は、ありません。
この物語は、あまりにも素晴らしく刺激的であり、オモシロイものなのですが、この物語の中のどこを探しても『真実』はないんです。この視点はとても重要です。
つまり、どういうことかと言うと、

「もう飽きた……」

このオモシロすぎる物語に、ふと、そう思ったとき、なんと『真実』が現れるのです。目覚めるのです。

大金持ちになっても、一文無しになっても同じじゃないか。勝っても負けても同じじゃないか。幸福になろうが不幸になろうが同じじゃないか……
「つまんない。もういい」
そう言って、物語の途中でパタン! と、本を閉じ放り投げて、
「どの本も、結局いっしょだなー、ツマンネ」
と、どの物語を読むことをやめてしまったとき、

その「何か」が、あなたを完全に自由するのです。

そして、ジャマされなくなったついでに、スゴイものを見せてくれます。

「カミワザ」

をね(´∀`)ノ


これは物語の中にいるときは、ゼッタイにわかりません。物語の中では、「人生に飽きた」なんて、もってのほかですもんね(笑) 逆に「罰当たり!」なんて言われちゃいそうです。

でも本当はそうじゃないんですよ。幻想から覚めるというのは、そういうことなんです。
「もういい」
って、物語の結末に関心がなくなってしまうことなのです。

物語の結末がどうなるかを知るまで、進みたい気持ちはわかりますが、それがまさに夢見の状態なのです。
『目覚め』って、思考から見ると、物語の側から見ると、とっても不合理なんですよ。
でも、途中でやめてしまっても、なぜか人生は終わりません。

「何か」が導くからです。

ごきげんよう。

IMG_2615.jpg
東大阪JCT@大阪府東大阪市

posted by 笑うウリエル at 23:10| Comment(21) | 新装開店後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする