2019年02月11日

「承認欲求」(゜д゜)

ごきげんよー d((o゚c_,゚o))b オッケェ牧場♪


みなさんは、この広い世界の中の「ひとり」というチッポケな存在でありながら、この無限に広い世界そのものでもあります。私ウリエルは、このパラドックスを言葉で説明することができません。

言葉にすることはできないのですが、説明しなくても、みなさんもそれは知っています。ただ、忘れてしまっているだけです。この広い世界の中の「ひとり」というチッポケな存在となった「私」のほうを意識しすぎて、自分がこの無限に広い世界そのものだったことを忘れてしまっているだけです。

チッポケな存在だけに気を取られていると、誰かに認められることがとても重要になってきます。その状態では、誰にも認められないとなると、とても心細く寂しい感じがします。「私」がみすぼらしく惨めに見えます。それは、とても恐ろしく思えます。だから、あなたはひとりにならないように、

「認められたい」

と、常々思うようになりました。「承認欲求」です。


「承認欲求」は、あらゆる姿になって、あなたの「自由」を束縛し、言動をコントロールするようになりました。おそらく、ほとんどの人が一日中、この「承認欲求」によって本来の動きや言葉を制約されいます。あまりにもずーっと「承認欲求」の影響を受けているので、いつの間にか、それが「個性」とか「性格」というふうに思い込んでいたりします。また、議論や日常の会話の中でも、「承認欲求」によって曲げられた内容の言葉を言ってしまっていることに、まったく気も付いていないのです。

おそろしくないですか?

あなたは本来の自分が発している言葉、本来の自分がやろうとしていること、これらをすべて「承認欲求」によって、

捻じ曲げているのです Σ(゚Д゚;)アラマッ

すべてにわたって。これはもう狂気ですよ。おっそろしいっスよ!


そして、この「認められたい」という思いを、スピリチュアルの用語では

「エゴ」

とも言います。
「エゴ」のすべてが「承認欲求」によって出来ているわけではありませんが、ほとんどと言って過言でありません。


さて、ということで......
日々の暮らしの中で、この「承認欲求」に気づいていくことが重要です。まず気づかないことには、いつまでたっても、本来の自分を取り戻せません。
ただ、すでに気づいていて意識できる「承認欲求」もあります。これについては、ひとまず放って置いてかまいません。気づいているのですから。問題は、

無意識の部分です

あまりにもそれが当たり前で、これは自分自身の個性であり性格だから仕方ないと思っていて、あまり気にもしていない部分です。
例えば、

・負けず嫌いで謝るのがイヤだ、とか
・人の頼み事を断れない、とか
・些細なことで人を批判してしまう、とか
・電車で席を譲らない人を見ると腹が立つ、とか

うん、まだまだ山のようにありますが、いっけん「承認欲求」とは、ぜんぜん関係のないように思えることも、実は根っこは「認められたい」なんですよ。
「嫌われたくない」
「劣っていたくない」
「優しい人でありたい」
「褒められたい」
ぜーんぶ、とどのつまり「認められたい」ですから。
(´・ω・`)


無意識の部分は、すでに「性格」とまでなって、あなたに定着してしまっています。これを解きほどいていくのは、やや骨の折れる作業かもしれません。でも、この作業をしないことには、あなたはスピリチュアルの淵をグルグル回るだけで、なーんも変わらないのです。
その作業に入るには、まず無意識の「承認欲求」の発見から始めましょう。

こんなものまで「認められたい」だったのか! 

ってヤツを、ご自身に見つけてください。ぜんぶ見つけなくてもいいです。何個か見つかると、自然にある程度は解きほどけていくような仕組みになっていますので。

発見のポイントは、まずは

優越感・劣等感と嫌悪感

です。
たいていの優越感・劣等感そして嫌悪感には、根っこに「認められたい」が潜んでいます。

「認められたい」がある限り、永遠に『ありのまま』にはなれないんです。


とりあえず、今宵はここまで。

ごきげんよう。


朝ドラに影響され、
カップヌードルミュージアムに行ってみた。
IMG_4407.jpg

自由にカップラーメンが作れます。
んで、遠足の小学生といっしょに作成(´∀`)
IMG_4417.jpg

完成したのがコレ。
「具がエビだけヌードル」
IMG_4424.jpg
@大阪府池田市
posted by 笑うウリエル at 22:46| Comment(48) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

他人の眼 (;゚д゚)

ゴキゲンヨー!(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)ゴキゲンヨー!!

ケガは日に日によくなっています。身体って大したもんです。ハイ。
(´∀`)


さて、このブログではここのところ、「感情を感じること」、「身体を感じること」を、ことさら言うようになっております。ハイ。
みなさま、この「感情を感じること」、「身体を感じること」に、少しは慣れてきたでしょうか? 意識してみると、今まで本当に無関心でいすぎたと思いませんか?
(´・ω・`)
さあ、それをふまえて、ここからは、さらに核心に迫っていきたいと思います。


「私」は常に、何者かに「なろう」としています。今のままの状態でいることを良しとしていません。
そして、その「なろう」としている何者かは、

他人の眼から見てどういう人物か

では、ありませんか?(´・ω・`)

例えば、「仕事のできる人間になろう」と思ったとします。しかし、何ができたら「仕事のできる人間」なのか、その基準ってとっても曖昧です。
曖昧な以上、本人が勝手に決めればよいのです。これができたら「仕事ができる人間」だと。例え誰にも評価されなくても、これだけできれば「仕事ができる人間」だと、自分で決めればよいのです。

が!(゚∀゚)

そんなわけには行きませんよね。誰にも評価されない「仕事のできる人間」なんて、

あ、り、え、ま、せーん! よね(笑)

結局のところ、自分がなろうとしている「仕事のできる人間」というのは、

「他人の眼」

に、委ねられるわけです。他人から「キミは仕事が出るね!」と評価されないことには、「仕事のできる人間」になったことになりません。


「総理大臣になろう」と思ったとします。「総理大臣」も自分で勝手に決めればよいのです。腕立て伏せを100回出来たら総理大臣とか、信号に引っかからずに家まで帰れたら総理大臣とか、自分で勝手に決めて、総理大臣になればよいのです。
でもそれでは、「私」は到底納得しません。やはり、誰かから認証され、多くの人から「あなたは総理大臣だ」と言われないことには、「総理大臣になった」と言えないわけです。

「他人の眼」

が、どうしても必要なわけです。


「お金持ちになろう」、「美人になろう」、「優しい人になろう」、「有名になろう」、「大人物になろう」、「人格者になろう」、「覚者になろう」、「シアワセになろう」……
これらはすべて、明確な基準がありません。どれも自分で勝手に決めてなればよいのです。さらに、どれも今この瞬間に、自分で勝手に決めてすぐになれます。なってください。
(´∀`)ノ

...... なんか、なった気がしませんよね。

「他人の眼」

が、ないですからね。

でも、これって悲劇を通り越して、喜劇だと思いません?
あなたが「なろう」としているものが「他人」に委ねられているわけですよ。つまり、あなたがどんなにがんばろうと関係ないとも言えますよね。だって、目指す人物になったかならないか、決定権は「他人」にあるわけですから。こんなトンチンカンなことってあります? どうしてこんな当たり前のことに気づかないで、日々、何者かに「なろう」と努力しているのでしょう?


トンチンカンな努力はやめましょう。
(・ω・)
とりあえず、あなたが「なろう」としている何者かに、今ここでなってください。


はい! なりました!


...... (´・ω・`)


そんな顔すんなよ......(笑)


なんか「納得できない」という、モヤーっとしたエネルギーが、胸のあたりに湧いてきたりしましたか?
では、それを感じてください。

今宵はここまで。

ごきげんよう。

引き続き、大塚美術館から。
IMG_4321.jpg

大接近どころか、絵を触ってもよいのだ♪
IMG_4322.jpg

だから、いろいろ遊べる。
IMG_4316.jpg

楽しいところです(´∀`)ノ
IMG_4293.jpg
posted by 笑うウリエル at 00:19| Comment(65) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

からだの声 (=゚ω゚)ノ

ごきげんぃょ━━(=゚ω゚)人(゚ω゚=)━━ぅ

昨日、ドブ板が抜けて側溝に墜落(`-ω-´)
顔を何針か縫うケガをしてしまいました。
今日はお店も休んでいるのですが、けっこうヒマです。ということで記事でも書きます。
本当に人生って、1秒先のことも「わからない」ですね。


ケガをして思うのは、身体って本当にすごいなということです。
壊れたら治そうとする。お医者さんが治してくれるわけでなく、身体が、この肉体が、「私」が何も考えて指図しなくても、自力で勝手に治そう治そうとする。お医者さんはそのお手伝いをしてくれるだけ。改めてすごい仕組みだなと感じます。
そんなわけで、今日は「からだ」のことを、もっと知ってほしいと思います。


みなさんは一日の中で、どれくらい「からだの声」に耳を傾けていますか?
「からだの声」に耳を傾けるというのは、つまり、身体感覚をちゃんと感じて観察しているか、ということです。

私ウリエルは学校で知識は学びましたが、「からだの声」に耳を傾けろと教わったことはありません。
また、人生を歩んでいく中で、いろいろな人からいろいろなことを教えてもらいましたが、身体感覚を大事にして、ちゃんと感じろと教えてくれた人もいませんでした。
ですので、ほとんどの人がウリエルと同じように教わっていないと思います。だから、ある意味、新鮮かもね。
(´∀`)


身体と感情は密接につながっています。ビックリしたら冷や汗がでるし、悲しいと涙が出るし、怖いとガタガタ震えます。
身体と感情は、思考と身体、思考と感情より密接につながっているんですよ。だから、よく思考をなくせとか、思考を止めるとか言って、瞑想をがんばってやっておられる方がおられますが、身体と感情のつながりの親密さに気づけば、自ずと思考も落ち着いて『いま』にいるようになり、『叡智』を受け取りやすくなります。というか、それが瞑想なんですけどね。
逆にやり方とか「いま瞑想してるぞ!」という思考にとらわれていたら、それって瞑想になってない(笑)


では、身体と感情のつながりに、どうやって目を向けていけばよいでしょう?
そんなものは人によって百人百様ですので、好き勝手に見つけてください。
(`・ω・´)

...... では、愛想がないですね。


例えば「つらい」という感情が湧いてきたとき、私たちは経験とか習慣で、すぐ思考がしゃべりだしてしまいます。
「落ち込んでいてはいけない」
「今はつらいがきっとなんとかなる」
とかね。
経験で「つらい」は不快だし、良くないことだと思い込んでいるので、一秒でも早く、その「つらい」を打ち消そうとします。この思考回路って、ほとんど無意識にやってしまいますよね。
そこで、思考で感情を打ち消す前に、

ちょっと待て!(゚Д゚)

まず、「つらい」とつながった身体の感覚を感じてほしいのです。

「つらい」と身体に何が起こっているのか? 

胸の奥が熱くなってザワザワしてるかもしれないし、身体のどこかが硬直しているかもしれない。それは人により、また、そのときにより、様々な反応が出ていると思いますので一概に言えません。どうなのか、ご自身で確かめてください。とにかく身体に何かが起こります。ただ、それを、

じっと感じてください

すると、思考がすぐにしゃべりだします。
「そんなことしてる場合か!」
でも、無視してね(´∀`)ノ

実際、思考というのは過去のデータでしかありませんから、一秒先どころか『いま』も知ることはできないのです。ブッダも

「過去は気づきの対象ではない」

と、いうようなことを言ってます。つまり頭で何か考えたところで、『いま』にある「つらい」の本質は何も見えてこないのです。


でも、身体に起こっていることを感じたから、すぐに「つらい」がどうこうなるというものでもない。なーんも変わらないかもしれないし、もっとつらくなるかもしれない。
「いったいなんやこれ?」
思考はますます混乱します。でも、それでいいんですよ。すぐに何もわからなくても、それでいいんです。ただ信頼して身体を感じてください。どういいのかは、おいおいわかると思いますので。
(´∀`)


身体と言うのは、常に『いま』にいます。いまここ、です。過去にも未来にも行けません。
「『いま』をもっと見て!」
身体は常にそういうメッセージを発しているんですよ。無意識に持っている「こだわり」、こういったものがあると身体は自由な動きができなくて硬直します。まるで身体が、その「こだわり」に気づけるように、あえて硬直しているようです。「自由でないよ!」って。

私ウリエルにも、どういう仕組みになっているのかわかりませんが、そんな「からだの声」に気づいて感じているだけで、次第に「こだわり」もとけていくんですよ。不思議な仕組みです。そして、彼方から『叡智』・『智慧』がやってくるのです。そこには思考の介入は一切ありません。なんの知識も理屈も道理も道徳もいらないんです。しかも、ぜんぜん関係のない「こだわり」からとけて行くようなことが多くて、とてもおもしろいもんです。

慣れてくると、日常のいろんな「からだの声」を聴くようになりますね。それが習慣化してしまうと、世の中、とっても楽しいもんですよ。
どんなときにどんなふうに感じるかは、先に述べたように人それぞれですので、あなた自身の「耳の傾け方」を見つけてください。というか、あなたにしかわからないので。そんでもって、それ、すなわち「瞑想」ですから。誰にも教わらない、あなたにいちばんピッタリの「瞑想」なんです。人から教わるやり方を探し求めている限り、それは思考の介入です。



「からだの声」は、ホントのホントに、

『ありのまま』

の、あなたを教えてくれます。言葉にはならない、『ありのまま』のあなたを。


いろいろ感じてみてください。

ではウリエル、キズの「痛い」を感じます。

ごきげんよう。


大塚国際美術館に行ってみた。
IMG_4379.jpg

見たことある絵画がたくさん!
IMG_4328.jpg

っても、ニセモノですけど(笑)
IMG_4296.jpg

ニセモノでもすごいぞ!
IMG_4371.jpg

ありがとう! 大塚グループ
IMG_4388.jpg
@徳島県鳴門市

posted by 笑うウリエル at 12:52| Comment(47) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする