2018年08月15日

「私」と「私以外」

ゴキゲンヨー(・3・)プップクプー!

お盆ですね。この期間はアクセス数も少ないので、まったり軽ーく記事を書きます。
(´∀`)

「私」と、いつも主張しているヤツ、まあ「自我」とか「エゴ」とか言われてるヤツですが、このブログでは「私」と呼ぶことにしました。なぜなら、
「ああ、これは私のエゴだわ……」
みたいに、自我やエゴを、まるで「私」でないかのようにとらえちゃったりしますから。そもそも「私のエゴ」なんて表現自体がおかしいのですよ。「私」がエゴそのものなのですから(笑)


さて、「私」はこの世界を二つに分けて見るのが大好きです。というか、そうしないと、この世界を認識できません。
上下、左右、東西、南北、高低、長短、明暗、表裏、敵味方、善悪、苦楽、優劣、生死、幸不幸……
ありとあらゆるものを二つに分けて、この世界を認識するようになってます。森羅万象二極一対でおます。
また、そうしないと、「私」も認識でません。だって、

「私」と「私以外」

という、二つに分けているから

「私」がいる

と、わかるわけです(´∀`)


二つに分けると、「私」から見るとなんでもスッキリします。また、二つに分けることは、物事をなんでも面白くします。ですので、「私」はありとあらゆるものを二つに分けたがります。
スポーツも応援しているチームと敵チームの二つに分けるから、スッキリ楽しめます。二つに分けないと、イマイチ面白くありません。高校野球もただの「球児たちの戯れ」になってしまいます。
また、いろんなものにランキングをつけるから、世の中それなりに面白くなります。いろんなモノや人を優と劣の二つに分けて、それをつなげたものがランキングですもんね。
逆に二つに分けてないものに直面すると、「私」はどう反応していいかわからなくなり戸惑います。
「敵でも味方でもない」とか、「善でもあり悪でもある」とか、「どちらも正しい、正解はない」とか。
こういう現象に出あったとき「私」は、「そんなの困る」と、ブツブツ言ったり、何が何でも二つに分けようとして苦しんでしまうのです。


あ、これは余談でした。本題に戻ります。
二つに分けるのが大好きな「私」ですが、二つに分けると言うことは、「二つに分ける前」があるわけです。
コインの表と裏、どちらか片方を表と決めるまでは、裏もありません。ただのコインです。
棒の先っぽと根もと、どちらかの端を先っぽと決めたから、反対側が根もとになるわけです。それを決めるまでは、ただの棒です。
高校野球も学校ごとに分かれて対戦すると決めるから、試合ができます。そして試合終了までに点を多くとった方が勝ちと決めるから勝敗がつきます。決めるまでは、ただの「白球を追う球児たち」でしかありません。
私たちは、森羅万象二極一対、ありとあらゆるものを二つに分けて物事を認識していますので、つまりは、ありとあらゆるものに、「二つに分ける前」があるのです。
新築と中古住宅、二つに分ける前は「家」です。外車と国産車、二つに分ける前は「くるま」です。
ということは、

「私」と「私以外」

の、二つに分ける前があるってことですよね。
この「私以外」というのは、「他者」のことだけを言っているのではありません。私の身体以外の、外の世界せーーーんぶのことですよ。
肉体の外側の、ありとあらゆるものです。肉体の外側の空間のことです。宇宙の果てまで広がってます。


すると、「私」と「私以外」の二つに分ける前は、どーーーやって見ても、

「この世界!」(゚∀゚)

ですよね? 宇宙の果てまで広がるこの空間ですよね?
(´∀`)

そのことを私たちは知覚、認識できるんですよ。わかることができるんですよ。これが不思議じゃありませんか?
なんでわかるか、理由はものすごーく簡単です。

「この世界」が「自分」だからです(・ω・)

「私」でない、本当の「自分」が「この世界」だからです。

「すべては自分の内側にある」とか、よくそういう言い方をするのは、そういうことです。
「ワンネス」とか「ノンデュアリティ」とか、わざわざもったいつけた言い方とかもしてますが、ただ単にそれだけのことです。ハイ。
こんなの誰でも知ってるよ、ってことです。あなたもとっくに知ってますから、考え込まないでください。

するってーと何かい?
この「私」、肉体の中にあるように思っている「私」、コイツは誰やねん?
ってことになりますが、知らんでいいんじゃないですか、そんなこと(笑)
(´∀`)
今までも実は誰だか知らないのに、それなりに生きて来てるんですから、放って置いても大丈夫と思われます(笑)
まあ、なかなか放って置けないヤツで、ついつい感情移入しちゃうんですが。

とりあえず、「この世界」が「自分」というのを、ちょっと今いる立ち位置、肉体から離れて感じてみてください。


ちなみに、スピリチュアルはそこで終わんないんですよ。そこがスタートラインです。「ワンネス」なんて、気づいたところで、何にも起こりませんよ。
「私」はかなり奥深くまで入り込んでます。
「ワンネスの世界」と「二元の現実世界」も、二つに分けてます。
「悟ってる」「悟ってない」、「目覚めた人」「目覚めてない人」も、二つに分けてます。
さらには、「未知」「既知」も、二つに分けてます。
最終的に「本当の自分」が「ある」ってことは、「ない」世界もあるってことですよね。本当の「自分」を超える世界があるってことです。つまり「本当の自分」が創り出される前があるってことです。それを当ブログでは、

『誰だかわからない』さん

と、呼んでます(´∀`)


二つに分かれているものは、すべて「二つに分ける前」があるはずなんです。
みなさんがそれぞれ、現在気づいている場所で、二つに分かれているものを発見し、そして「二つに分ける前」に思いを馳せて感じてみてください。

なんだか、とりとめのない感じになりましたが、引き続き、お盆の休暇を満喫してくださいね。
ではでは、
ごきげんよう。


夏の風景の続きを(´∀`)
akeno.jpg
明野のひまわり畑@山梨県北杜市

IMG_3426.jpg
朝日連峰と水田@山形県朝日町

IMG_3439.jpg
五色沼と裏磐梯@福島県北塩原村

おまけ・白河ラーメン
sirakawa.jpg
でかいんだ、これ(´・ω・`)
posted by 笑うウリエル at 11:21| Comment(14) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

ウリエルがさらに質問に答えます(`・ω・´)

Ω ΩΩ< ご、ごきげんよー!!

旅から帰ってきました。明日からまた、たこ焼き屋さんです(´∀`)ノ

旅の間中、ずっと『いま』にいるように心がけておりました。これがまた、「私」の思考を使わないとできないところが不思議というか、おもしろいです。

「そうだ、『いま』だよね」

と、「私」に言い聞かせるのです。ただそれだけのことを、私たちはいつも忘れます。


ありのままの『いま』を、いったいどれくらい、おろそかにしてしまっていたのでしょう。
困ったことがあったら、まず「ああ、困った」を感じればよいのです。まず、ちゃんと困りましょう。ちゃんと困らないから、ちゃんとした解決方法も見つからないのです。
腹が立ったら、まず「ああ、腹が立つ!」を感じればよいのです。ちゃんと怒らないから、ややこしい方向にエネルギーが流れていくのです。

『いま』に顕われたものを、ぜーんぶ大切にしてください。まさに『いま』を。
「困った」とか「腹が立つ」を、「いやいや、こんなことで戸惑ってはいけない」とか、「いやいや、こんなことぐらいで怒ってはいけない」とか、瞬時に消そうとする「私」のほうが、おかしいと思いませんか? それは『いま』を否定しています。せっかく顕われている『いま』なんだから、ぜーんぶ、ちゃんと味わいましょう。

「困った」も「腹が立つ」も「悲しい」も「不安だ」も「何もしたくない」も、あなたが体験したい、大切なことなのです。ちゃんと神様からの贈り物と思って体験してください。
そんなに恐ろしいことでも、難しいことでもありません。実際にあなたは、困ったり怒ったり悲しかったり不安だったり無気力なのですから、まずそれを否定せずに感じるだけです。
「ああ、これが困ったか」、「ああ、怒りだ、これは」
てな、具合にね。



「そうだ、『いま』だよね」

と、『いま』に立ち返るために、思考を使ってください。
すると、思考もちゃんと本来の流れに沿ってに動き始めます。そうすると、やがてね、

想像以上に上手く行っている

そんな感覚を、あなたは感じることができるのですよ。

とっても簡単で、シンプルなんです。


旅の疲れで、今回もちょびっと更新です。
ごきげんよう。


「夏」の中を走ってきました。
natu1.jpg

natu3.jpg

natu2.jpg

おまけ・盛岡冷麵
reimen.jpg
posted by 笑うウリエル at 02:03| Comment(50) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

ウリエルがまだ質問に答えます(`・ω・´)

ごきげんよう v( ̄Д ̄)v イエーイ

旅に出て一週間。ちょっと疲れてきたので、今日はエアコンのあるネットカフェでお休みです。
休養日♪(´∀`)

あなたの知覚しているものすべてが、この世界です。この世界にあなたが知覚していないものは存在しません。
地球はあなたが丸いと知っているから丸いのです。あなたは知らないことをこの世界に見つけることができません。だって「これは知らなかった」と知った瞬間に、知ってしまったからです。
このとても単純なことを理解するのが、いわゆる非二元の「気づき」です。つまり、この世界は、あなたの意識の中にしかないのです。

もちろん「私」も、あなたの意識の中にしかありません。「私」はどこそこの誰々で何歳でこういうキャラと知っているから、存在しているのです。ハイ。
ということは、意識は「私」とは違うものなのです。あなたの意識の中に「私」があるだけです。
その証拠に「私は誰?」と、あなたは問うことができます。その問うているのが、本当の「自分」です。ということは、本当の「自分」とは、この「意識」であり、この世界なのです。これだけのことです。

これが非二元とかワンネスとか、かっこつけて言ってること(笑) 実際は、ただこれだけのことです。だからみなさんは、最初からワンネスをほとんどわかっているんですよ。


んで、
このことを、これだけのことを、「『真実』を知った」と終着点のようにとらえると、ちょっとおかしなことになっちゃうのです。
「この世界は現実じゃないのよ、意識の中にしかない幻想なのよ」で、すべて片付けてしまって、だんだん変な方向に。
(´・ω・`)

非二元の世界、ワンネスの世界があるってことは、最初にそれを分離させた源があるってことです。つまり、この「意識」、「本当の自分」を作っている源です。非二元の世界の源。それをこのブログでは、

『誰だかわからない』さん

と、まあ、チョー便宜的に呼んでいるわけです。
(´∀`)


以上、ちょびっと更新でした。
では、旅を続けます。まだまだ質問にもお答えします。

ごきげんよう。

ここは岩手。
ウリエルが「ああ、岩手だ!」と感じる風景を。
image1.jpeg

IMG_3180.jpg

image2.jpeg


おまけ。旅の途中の信州伊那・ローメン(´∀`)
IMG_2705.jpg
posted by 笑うウリエル at 04:05| Comment(79) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする