2018年10月11日

「ちゃんと」(=゚ω゚)ノ

(ω・ )ゝ ごきげんよ?

さて、「面倒くさい」を感じ続けているウリエルですが、
ウリエルが「感情を感じる」を、どうやってしているかを書いてみますので、何かのヒントにしてください。
(・ω・`)


まずは、「面倒くさい」って何だろう? ということを、思考を使って調べます。インターネットという便利なものもありますので、
「面倒くさい 心理」
なんてワードで検索したりもします。すると、「面倒くさい」への対処法みたいなものがズラーっとでてくるわけですが、もちろん、そこには答えはありません。ただ何かのヒントになるかもしれないので読むだけです。わりと興味深いことが書いてあって、おもしろいです。

そんなことをしているうちに、「面倒くさい」といっても、いろいろ種類があることに気づきました。
ただ単に肉体が疲れているとき、「面倒くさい」は出現しますね。それから、何かをしているときに、他のことをしなければならなくなると、「面倒くさい」が出現しますね。
「ほうほう、面倒くさいもいろいろあるもんだ」
そんなことに気づきます。
たぶん、いろんな「面倒くさい」のうち、どれかひとつの「面倒くさい」が「私」を構築している要素になっているなと、うっすらわかってきました。

じゃ、どれだろう......?(´・ω・`)

いろんな「面倒くさい」のシチュエーションを感じていきます。すると、みぞおちの下の奥の方にズシッと重りのようなものを感じる「面倒くさい」があることに気づきました。
それは、

「ちゃんとやらないといけないとき」


ははーん、どうやらこれだ......(`・ω・´)
この「ちゃんとやらないといけないとき」に出てくる「面倒くさい」が、このウリエルという人間を硬直させて、自由な肉体の動き、自由な思考を制限しているな。そんなことがわかってきました。ここまでで数日かかってます。

さあ、そこで、さらに「ちゃんとやらないといけないとき」の何が問題になっているのかを調べましょう。調べると言っても、ここからはただ感じるだけです。みぞおちの奥のアンカーボルトのような重みを、ただ感じます。
感じながらいろんな「ちゃんとやらないといけないこと」を思い出したりしてみました。すると、

「ちゃんと」って、なんやねん?

という、ことに思い当たりました。


「ちゃんと」

子供のときから、聞かされ続けてきたこのフレーズ。「ちゃんとしなさい」、「ちゃんと働け」、「ちゃんとした大人になりなさい」……
そもそも「ちゃんと」って、ナニ?(´・ω・`)

「ちゃんと人の話を聞け」と言われたとき、しゃべっている人の言葉を一字一句漏らさず聞いても、鼻クソほじりながら聞いていたら「ちゃんと」じゃない。でも、上の空で聞いていても、神妙な顔つきで聞いていたら「ちゃんと」聞いていると見なされたりする。
「ちゃんと朝ご飯を食べましょう」、カップラーメンでも「ちゃんと」の人もいれば、それは「ちゃんと」じゃないと言う人もいる。
「ちゃんと」って、なんとも曖昧。なるほど、「ちゃんと」って単なるイメージか。漠然としたイメージなんだ。


つまりこういうことね。

このウリエルの「私」は、何か漠然と「ちゃんと」とイメージしているだけで、

そのイメージをもとに「ちゃんと生きなきゃならない」と、漠然と思っていて、

それが「面倒くさい」につながっている。

こういうわけね。

ここまでわかりましたら、あとは本当に感じるだけです。「ちゃんと」から湧いてくる、なーんとなくネガティブな感情を感じるだけ。みぞおちの下あたりの違和感を。
「なんだろうね、これ?」
と。
大事なことは、この違和感、「みぞおちの下あたりにアンカーボルトが打ち込まれた感」を、思考で取り除くことはできないと認めることです。

コントロールはできない

のですから。
「私」は何かを握りしめているのですが、それは「私」の力で手放すことはできません。なぜなら、それは「私」の消滅、いわば「死」に相当しますので。「私」を超えた、もっと大きな存在、この世界におまかせする以外に方法はありません。もちろん「自分」にもできません。「自分」はただ見ているだけです。

でも、この違和感を抽出して感じることはできます。それ以上のことはできません。感じると言うことは、岩盤に穴をあけて行くような作業です。少しずつドリルで掘っていくような感じ。
こうしていると、やがて、

「あ!」Σ(゚Д゚)

と、何かに気づくんですよ。小さな一穴が開通する。するとその穴がアリの一穴となって、ビシビシッと岩盤にヒビが入り、ドカーンとダムが決壊するように岩盤が吹っ飛ぶんです。
こんなことを何度もやって行くのが、スピリチュアルです。


「私」にも、そして「自分」にも、この世界をコントロールすることはできません。どんな方法もないんです。
「エゴを取り除くにはどうすればいいか?」
ということを、多くのスピリチュアルで語られますが、どんな方法もないんです。

これをゆるし、ただ受け入れる。

感情を感じ始めると、不思議と「私」にとっては不快な出来事や、耐えがたい出来事が起こることも多々あります。でも、

何が起ころうと、ただ受け入れる。

それだけです。

ごきげんよう。


羽黒山の参詣道は大きな杉の並木道
IMG_3344.JPG

IMG_3338.jpg
ホントに大きいなぁ。

IMG_3332.jpg
五重塔
@山形県鶴岡市
posted by 笑うウリエル at 08:16| Comment(58) | 『ありのまま』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

まだ休憩(*´ω`)

ε=ε=┏( >_<)┛ ズベッ(ノ_ _)ノ ごきげんよ


コメント欄のコメントが多くなると、ガラケーの方が読みにくくなりますので、記事だけ更新しておきます。
( ´ー`)ノ

「面倒くさい」を発端とした、ウリエルのハートのつまりは、なんだかガツンとヒビが入りました。何もしてません。ただ感じていただけです。
まだ、つまりを感じることは感じるのですが、何やら少し変容があったようです。
というのも、今まではずっと、

「私」はいないけどいる

という感覚に近かったのですが、

「私」はいないからいる

という感覚になりまして。

これ、なんかシンプルでスッキリするなぁ。どうしていままで気づかなかったんだろう?
「いる」も、「居る」から「要る」になってきた感じ。
( ・∀・)

なんのことか、ウリエル以外にゃわかりませんよね(笑)
ですが、ま、そんなところです。
(´∀`)


ということで、みなさん、好き勝手な話題でコメント欄を使ってください。
ウリエルもテキトーにコメントして行きまーす。


ごきげんよう。

鳥取に仁風閣という、すてきな洋館がありまして。
IMG_3699.jpg


んで、でも仁風閣はどうでもよいのです。

その近くに「大榎庵」というお店があります。
そこで注文したのがコレ↓
IMG_3710.jpg

衝撃のピンク華麗(カレー)!!!
IMG_3712.jpg

ビーツで作られていて、着色はしてません。ヘルシー。
お味はフツーのカレーでした。
でも、何食べてるかわからなくなる。混乱!

目をつむると、
「あ、カレーだ」(´・ω・`)
と認識できましたとさ。
@鳥取県鳥取市

posted by 笑うウリエル at 21:35| Comment(57) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

ちょっと休憩 (*´ω`)

(*●ω●)人(●ω●*)ゴキゲンヨ


ここのところ、ある感情がしつこく居座っておりまして。そのせいで、ハートが詰まっているような感覚がします。
そして、その感情と向き合って、感じているのですが、日に日にソイツはその正体をあらわにするとともに、詰まりどころかキリキリとした痛みに成長というか発展しやがってですな......
(´・ω・`)

んで、その感情の正体は、ズバリ、

「面倒くさい」(゚∀゚)


この「面倒くさい」という感情、なんで出現するのだろう?
そんなことを思いながら、じーーーーっと、ただ感じておる日々です。
(´-ω-`)

感じていると、ブログの記事に何を書こうかなとか考えるのも、面倒くさくなりまして(笑)
ということで、今回はちょっと休憩です。ハイ。


ちょっと立ち上がれば済むときでも、「面倒くさい」出現しますよね。なんやねんこいつ?
疲れているわけでもなく、何か都合が悪いわけでもなく、ただ「面倒くさい」
何かに抵抗しているから「面倒くさい」わけで、抵抗しているということは、間違いなく「私」が「面倒くさい」と言っているわけで、そもそも、いったい何に抵抗しているかもわかんない......


「面倒くさい」(゚∀゚)

なんか、ものすごく「私」を主張してるよね。このウリエル、実は「面倒くさい」で頭のてんぺんから足の先まで出来ているような気がしてきた。もしかしたらウリエルにとって生きるって、「面倒くさい」なのか?

うーーーーーーん、みぞおちあたりにズシンとくるなあ......

「面倒くさい」(゚∀゚)

おまえ、いったい、何者?


というわけでウリエル、勝手にひとりうなってますので、
みなさんもいろんなお話、好き勝手にやってください。


うーーーーーーん...... (`-ω-´)

ごきげんよう。

IMG_3132.jpg
川原毛地獄

IMG_3129.jpg
@秋田県湯沢市
posted by 笑うウリエル at 22:41| Comment(66) | 閑話休題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする